キャッシング審査を徹底攻略!誰でもカンタン借入方法

失敗回避!クレジットカードのキャッシング返済を上手に行う方法

「クレジットカードのキャッシング返済ってどうするの?」「一括でキャッシングした金額を返さないといけないの?」「ATMで返済はできますか?」など、クレジットカードのキャッシングを利用した時、些細な疑問ですがわからない点があったりします。

人によってはキャッシング枠を利用せず、ショッピング枠のみの利用だけで終わってしまうクレジットカードですが、キャッシング枠もショッピング枠も利用すると途端に返済方法ってどうなるんだろうとなってしまうようです。

そこで、返済で失敗しないように、クレジットカードのキャッシング返済について注意点を踏まえお話ししていきたいと思います。

クレジットカードのキャッシング返済の基本と疑問を確かめる!

クレジットカードを利用している方は、ショッピング枠とキャッシング枠のどちらか、それとも両方を利用していると思います。どのように利用されていたとしても、返済するにあたってまずは決めなくてはいけない事があります。

クレジットカードのキャッシング返済、ショッピング返済の基本についてお話ししていきたいと思います。

一括?分割?クレジットカードのキャッシング返済でまず決める

クレカジットカードの返済には、「1回払い」と「リボ払い」の2つの方法をまずは選択しなくてはいけません。

クレジットカードのショッピング枠は利用されている方も多いので、問題ないと思います。しかし、キャッシング枠を利用しての返済となるピンとこない方もいるようです。ただ、返済について大きな変化はありません。

基本的にキャッシング返済は、利用されても1回払いでの返済を選択される人の方が多いようです。当然、キャッシングリボ払いでの返済もありますので好きな方を選んで返済する事が可能です。

  • キャッシング一括返済で返す
  • キャッシングリボ払いで返す

返済時にどうするのか?キャッシングを利用する前に決めておく事が基本であり返済計画を上手に進めるには良いと思います。

※キャッシング返済もショッピング枠同様、一括返済からリボ返済へと後で変更可能です。

よくある5つの質問?キャッシング返済の疑問にお答えします!

キャッシング返済を一括返済かリボ返済かするのか決めても、基本を決定しただけです。キャッシング返済についての疑問は、まだ何も解決していないと思います。

そこで、クレジットカードのキャッシング返済でよく出る質問を5つピックアップしましたので、確認していきましょう。

Q:返済金額って一括じゃないと、いくら払うんですか?
A:リボ払いでの返済は、事前に決められた額を毎月返済していく事になります。

返済は、元金の返済分と利息を合わせた合計額を返済額として、毎月支払う事になります。例えば、1万5000円をキャッシングリボ払いすると決めた場合、この金額の中に「元金の返済分と利息」が入っている状態となり、返済していく事になります。

この金額については、事前にクレジット会社と決めておくものなので、正確な金額は確認しなくてはわかりません。

返済額の金額を自分で決まられるサービスもあるようですが、基本的には借入金額によって最低返済額が決定します。

キャッシング返済のリボ払いを選択した場合、1回の返済額はクレジット会社が提示する最低返済額を考慮した金額となりますので、正確な金額は実際に確認する必要があります。

またショッピング枠を利用されていた場合、ショッピング枠とキャッシング枠の借入額を考慮して、クレジット会社が返済額を教えてくれるので安心して下さい。

Q:返済日は、毎月の指定日ですか?コチラで決められませんか?
A:キャッシング会社によっては、指定日のみの返済しかない場合もあります。

返済日については、「どの日でも可能」「毎月、5日、10日、15日、25日から選ぶ」「毎月27日のみ」といった、3パターンでの返済がクレジット会社によって存在します。これはショッピング枠の返済日と同じになる傾向が強いので、そちら利用されている方は直ぐに分かると思います。

もし、それでは不安や疑問があれば、ホームページで返済日の確認を行うか、電話やメールで確認してみると良いと思います。

Q:返済方法は選べるの?
A:一括か分割を選び、手段として自動引き落としかATMでの返済方法が選べます。

まずは、利用したキャッシングを「一括返済」するか「リボ返済」するか決めて下さい。一括返済を選んだ場合、自動振替での返済方法を選んでいるのなら基本的には毎月の指定日に、ショッピング枠の返済と一緒に行ってくれます。

リボ払いであっても、自動振替ならコチラから何かする事はありません。

※注意点として、口座にお金がないという状態は避けるようにして下さい。

ATMを利用して返済する時は、最低返済額を事前に知っておく必要があります。クレジット会社にキャッシング返済の金額を確認しておいて下さい。

Q:ATMで返済する時に、手数料って必要ですか?
A:基本的に必要です。

無料の場合も、クレジット会社によってはあるようですが、基本的に1回数百円の手数料が発生する事になります。故に、何回ATMを利用するのかと言うのは、返済計画において重要な要素となります。

返済する回数をできるだけ減らすためにも、むやみに借りて返しても返しても借入額が減らないといった状態は絶対に避けて下さい。

Q:キャッシングの返済が間に合いそうにありません。遅延したらどうなります?
A:遅延阻害金、信用の失墜、借金の返済といったペナルティーを受けます。

クレジットカードのキャッシング返済の滞納は、銀行系や消費者金融のカードローンと同様、大きなペナルティを受ける事になります。

20%の遅延損害金が、支払い日の翌日からペナルティーとして発生します。また、金融商品の債務情報を管理する信用情報機関に、信用のおけない人物の可能性があると言った記載が残る可能性もあります。。

そして、当然滞納金の支払い、利息の支払いは消えませんので借金として圧し掛かってきます。もし、滞納が長引けば「財産の差し押さえ」などの最悪な結果を招く恐れもあります。キャッシング返済の遅延や滞納は、良い事が1つもないので絶対に避けるようにして下さい。

利息の計算と返済日を確認!返済でアタフタしない事前チェック

クレジットカードの返済は、遅延したり、滞納したりすると、大きな悪影響がでます。だからこそ、キャッシング返済を失敗する訳にはいかないのです。

これから、キャッシングの返済時に発生する「利息」と「返済日」についてより深く理解して頂き、返済がスムーズに行えるようにして頂きたいと思います。

利息の把握が重要!キャッシング返済に発生する日割りの負担金

利息の計算式は下記のようになっています。

借入金額 × 金利 ÷ 365日 × 借入日数(日割り) = 利息

金利は、基本的に各クレジット会社によって異なりますが、一般的には15.0%~18.0%ほどの年利となっています。例えば、20万円借りた時、15%の年利で1カ月借りた場合の利息となると2465円となります。

これが18%だと2958円となり、たった2%の違いなのに、およそ500円ほど多く払わないといけなくなります。

できるだけ金利は低い方が良い事が分かります。参考に、銀行系や消費者金融のカードローンの金利を確認してみましょう。

アコム 3.0~18.0%
アイフル 3.0~18.0%
プロミス 4.5~17.8%
三井住友カードローン 4.0~14.5%
楽天銀行スーパーローン 1.9~14.5%

このように確認すると、金利だけを見るなら銀行でのキャッシングがお得となります。

【関連記事】

金利の安いキャッシング!10社の金利を比較してお得にキャッシング

締日の翌月支払い!キャッシング返済の返済日を把握する

クレジットカード会社の返済日は、基本的に月々の締め日が存在しいて、その翌月の支払日に返済額を支払うという形になっています。

これはショッピング枠も同様です。クレジットカードのキャッシング返済日は、上記の質問でも答えているように3パターンの支払い日が存在します。都合よく選びたくても選べない場合もあるので、その点はご容赦ください。

ここで、返済日について1つ注意点があります。それは、キャッシングを利用した時の最初の返済日についてです。

例えば、あるキャッシング会社の締日は毎月27日で、支払い日が翌月の15日だったとします。もし、初めてのキャッシングが27日前だった場合、その月の27日にキャッシング返済の利用分が計算され、翌月の15日支払いと言う形になります。

もし、28日だった場合は、翌々月の15日が支払い日となります。少し、ややこしいですが、最初の利用日が締日前なのか締日後なのかで、キャッシング返済の日付が「翌月」か「翌々月」かに変わってくるのです。気を付けて下さい。

もし、返済日を間違えていると、口座の中にあるお金を「今月は○○円だから、これくらい使っても良い」といったドンブリ計算が外れてしまう事になります。

その結果、後日クレジット会社から「口座の残高不足で引き落としができませんでした」と言った督促状が届く結果となってしまいます。

些細な事ですが、失敗しないキャッシング返済を目指すなら、このようなシステムを完全に理解しておく必要がある訳です。

※各クレジット会社によって、この締日→翌月支払いは違いますので必ず確認しておいて下さい。

実録クレジット!キャッシング返済の実態を確認する

それでもは、実際のキャッシング返済の方法(手段)と一連の流れについてお話ししていきたいと思います。返済の方法は基本的には4種類あります。場合によっては、2つしかないクレジット会社もあるかもしれませんが、参考事例として確認しておいて下さい。

クレジットカードのキャッシング返済の手段と流れを把握する!

以下の4つが、基本的なクレジットカードのキャッシング返済方法となります。

  • 口座振替
  • WEB・電話・銀行での振込返済
  • コンビニでの振込返済
  • ATM振込返済

クレジットの返済方法で最も多いのが、口座振替になると思います。事前に処理さえしておけば、ショッピング返済もキャッシング返済も、支払い日に自動で行ってくれる便利なサービスです。但し、最初に登録する手間がある為、それを嫌がって用紙での振込にしている方もいます。

WEBや電話でのキャッシング返済は、会員サイトや直接電話を経由して返済する方法です。

<WEB・電話・銀行振込での返済>
◆1.返済の申し込み(会員サービスまたは電話で返済申込み)

◆2.振込日を設定(選べる場合のみ)

◆3.全額返済か一部返済かを選択する

◆4.カード会社指定の振込先と返済金額が案内される

◆5.指定口座に入金(WEBならebay経由、電話なら指定口座へ銀行から入金)

◆6、完了

コンビニ用紙でのキャッシング返済は、毎月支払い日の1週間程前に「専用の振込用紙」が届くので、それをコンビニの受付にて支払処理する方法です。簡単ですが、用紙代が費用として掛かるのであまりお勧めできません。

また、支払い忘れも、用紙での振込だと多い傾向にあります。最後のATMでのキャッシング返済の流れは下記のようになります。

<ATMでの返済>
◆1.コンビニATMへクレジットカードを挿入する

◆2.「ご入金(返済)」を選択する

◆3.暗証番号と返済金額を入力する

◆4.入金する

◆5.クレジットカードと利用明細を受け取る

108円?216円?ATM利用には手数料が発生する

キャッシング返済において、ATMを利用した場合、基本的には下記のように手数料が発生しますので注意が必要です。

1万円以下の返済 108円
1万円以上の返済 216円

※クレジット会社によっては、手数料を無料にするサービスを行っているところもあります。

最悪を知る!罰則と注意事項の把握で失敗を回避する

キャッシング返済を滞納すると、4つのペナルティを受ける事になります。「遅延損害金」「信用の喪失」「借金の返済」「差し押さえ」の4つです。

滞納トラブルは、最終的には悲劇にしかなりません。クレジットカードのキャッシングを計画的に利用し、返済計画に支障が無いようにして下さい。それでは、4つの罰則と注意事項についてお話ししていきます。

4つの罰則!クレジットカードのキャッシング返済のペナルティ

返済を怠ると、4つの罰則を受ける事になります。

損害遅延金 20%の損害遅延金を支払う
借金の返済 滞納金と利息と損害遅延金が借金となる
信用の喪失 信用情報機関に遅延・滞納情報が登録される
差し押さえ 長期滞納になると最悪の場合、差し押さえされる

遅延損害金は、支払い日の次の日から日割りで計算されます。それまで滞っている、支払返済額(1カ月分)と利息も合わせて、一括で支払わなくてはいけないので大変だと思います。

遅延や長期滞納になれば、信用情報機関にその記録(債務履歴)が残る事になります。この情報は、今後の金融商品の審査に大きな影響を与えるので、出来る限り不備が無いよう「返済の遅延」は避けるようにしましょう。

遅延行為を何度も繰り返したり、長期の滞納になった場合、最悪の場合、財産や給与の差し押さえへと発展してしまう可能性があります。これはかなり悲惨な状況なので、普通に利用されている方は関係がありませんが最悪の結果は知っておくと良いと思います。

注意事項!3つのポイント押さえ賢くキャッシングを利用しよう

3つの罰則を、受けない為に下記のポイントを守っていきましょう。

①ヤバイと感じたら、早期の相談連絡をする
②残高不足を常に意識して、解消しておく
③できる限り、繰り上げ返済を行う努力をする

どんなことをするよりも、まずはクレジットカードのキャッシング返済でのトラブルはクレジット会社へ相談しましょう。それもできるだけ早く。これが一番の問題解決の第一歩となります。

クレジットカードのキャッシング返済は、口座振替での返済をしている方が多いです。故に、口座残高が不足して支払いが出来なかったという事が無いように気を付けておきましょう。意外に忘れてしまって、督促状で気付くという方がいらっしゃいます。

返済においては、借入額が少なければそこに掛かる利息も小さくなったり、返済期間も短くなったりします。なので、余裕があれば少しでも借入額を減らす努力を行っていきましょう。

閉じる
閉じる