キャッシング審査を徹底攻略!誰でもカンタン借入方法

キャッシングの返済に注意!豊富な返済方法とトラブルを理解する

キャッシングの返済は、大変重要です。なぜなら、返済せずに滞納をし続ける事で罰金、利用停止などのキャッシング会社からの制裁や金融事故者として登録、財産の差し押さえなどの社会的制裁を受けるからです。

返済は、キャッシングの契約を結んだ瞬間から義務化されます。それを怠れば相応の罰を受ける事になります。故に、返済(返済の方法や返済の計画など)はとても重要になってくる訳です。

キャッシングの返済の全容や滞納時のデメリットなどを踏まえ、お金をしっかり返し続ける重要性についてお話していきたいと思います。

返済は義務!返済を行わないときのペナルティを把握する

キャッシングは大変便利なもので、限度額内なら何度でも借入れが自由であることが特徴です。しかし、当然ですが「借りたら返す」という契約があるので、毎月の返済が義務付けられています。

もし、返済を忘れてしまったり、遅れてしまったりするとどうなるのでしょうか?滞納時のペナルティを含め、まずは「返済の義務」についてお話していきます。

【関連記事】

消費者金融の支払額が返済できない!4つの対処方法や2つの注意点

契約違反を回避する!民事的に義務化されている事を理解する

キャッシングの返済は民事的な義務を帯びています。故に、返済しないと罰則受けるので注意が必要となります。

ただ、キャッシングは利用し始めると長期化する傾向にあります。3~5年程度利用したりしていると、時には「あ、昨日返済日だった」とか「あ-、返済するお金が足りない」といった状況に陥ってしまい、数日間ほど滞納といった状態になる事もあります。

これは仕方がない事と、キャッシング会社も理解しているので、1、2度の滞納などはあまり大きなペナルティに発展する事もなく、金融商品の信用性を失う事もありません。後程お話していきますが、過度な滞納(支払い忘れ)などが大きなペナルティへと発展するので返済には常に注意が必要なのです。

キャッシングの返済は、契約上ですが決められています。それを破るという事は、契約不履行という事になる訳です。

<債務不履行>
キャッシングの契約を履行できない状態を、「債務不履行」と言います。契約によってお金を返す義務があるのに、放置している状態を(本人の意思に関わらず)なので該当する罰則を科される事になります。

債務不履行という状態になれば、2つの制裁を受ける可能性があります。

  • キャッシング会社からの制裁
  • 民事的(社会的)な制裁

5つの罰則!債務不履行によるキャッシングサービスへの影響

2つの制裁ですが、これを詳しく見てみると実は5つに分ける事ができます。滞納時の5つのペナルティを確認していきましょう。

<キャッシング会社からの制裁>
①遅延損害金   
②利用制限
③強制解除と期限の利益を喪失

<民事的(社会的)な制裁>
④信用性の失墜  
⑤財産の差押え

まず、キャッシング会社からの制裁を見ていきます。滞納すると1日ごとに必ず遅延損害金が発生します。滞納した日にち分を滞納額と利息にプラスして返済する事になります。

滞納が少し目立つようになると、キャッシング会社は利用制限を検討するようになります。基本的には借入れが出来なくなり、返済のみ行う状態になります。こうなると、キャッシングを利用される方に見られる「自転車操業での返済」が出来なくなり一気にパンクするといったケースもあるので注意が必要です。

強制解除とは契約自体の解除なので、返済のみとなります。しかし、強制的に契約が解除されると「期限の利益」を失う事になります。期限の利益とは、キャッシングのような金融商品の支払いを分割にして一定期間で完済する事が出来る権利の事を指します。

これにより、高額商品を一括で支払わず分割での支払いで良くなるのですが、強制解除は契約がなくなるので「期限の利益が喪失」し、場合によっては「借入残高の一括清算」という事態に陥るかもしれません。

強制解除や期限の利益の喪失といった判断をキャッシング会社がする事はめったにありませんが、滞納が酷ければそれもあり得るという事を常に忘れてはいけません。

次に、民事的な制裁ですが、信用性の失墜と財産の差し押さえとなります。これは、かなり滞納が酷い場合に行われる制裁です。詳しくは下記で述べますが、ここまでくると返済にのみ追われる「借金地獄」という状態に陥り苦しむことになります。故に、民事的な制裁を受けないように返済はしっかり行いましょう。

5つペナルティを挙げましたが、後半の社会的な信用の失墜、財産の差し押さえなどは、「最悪の場合」の罰則であり、キャッシングを普通に利用してたまに返済が滞る程度では起きる事のないペナルティなので過度に恐れる必要はありません。

キャッシング会社が課すペナルティをしっかり把握しておく!

キャッシングの返済を怠ると、キャッシング会社は滞納とみなします。まず、遅延損害金として罰金、その後、滞納が酷いと判断されると利用制限、契約の強制解除といったような処置を行っていきます。

そこで、遅延損害金、利用制限などについて詳しくは下記で述べていきたいと思います。

遅延損害金は20%!大きく圧し掛かってくる罰金の苦しみ

キャッシングの遅延の損害金は、下記のような計算で算出できます。

<遅延損害金の算出方法>
借入残高 × 遅延損害金利率 ÷ 365日 × 遅延日数 = 遅延損害金

遅延損害金の利率は、金利の1.46倍までか、もしくは20%までと決められています。

例えば借入残高が30万円で遅延損害金利率が20%の場合、15日滞納すると遅延損害金は「2465円」となります。遅延損害金の支払いについてですが、基本的に入金時の返済額から差し引かれる形になるので、わざわざ返済時に余計な計算をして追加で支払いを行うといった事はありません。

ただ、滞納期日が伸びれば伸びるほど遅延損害金は大きくなるので、滞納してしまってもできるだけ早く返済するようにして下さい。

利用制限や強制解除!借入残高の一括清算がもたらす恐怖

遅延損害金は、いわゆる軽い罰則に入ります。この遅延損害金の罰金を払う方、キャッシングを利用する方には多いのですが、さすがに利用制限や契約を強制解除されるといった事態にまで這ってしていくケースは少ないです。

現在ではクレジットカードのようにカードローンを利用される方が増えてきたので、昔よりは認知的にも悪いイメージが軽減しているキャッシングですが、多重債務問題、借金での自己破産、自殺未遂といった多くの社会的問題の温床ともいわれているサービスであることを忘れてはいけません。

だからこそ、利用制限(借入れが出来ない状態)や強制解除(期限の利益の喪失)などになるまで返済を滞らせることがないように気を付けて下さい。

<期限の利益>
商品を購入した時に、一括ではなく分割で一定の返済期限を受けられる権利の事を「期限の利益」と言います。高額な商品(家、車、スマホ)などに適用され多くの方がその権利を享受しています。

<期限の利益の喪失>
契約によって「期限の利益」を受けられる状態なので、契約に不履行があった場合には権利をはく奪される事になります。キャッシングの場合は債務不履行(滞納)を起こすと、キャッシング会社の判断によって契約解除=期限の利益の喪失といった状態になる可能性がある訳です。

利用制限までは、借入れが出来ないので辛いでしょうが、期限の利益が契約上健在なので返済をしっかり行っていれば問題はありません。しかし、強制解除は契約を解除してしまうので、その期限の利益を失う事となります。

つまり、キャッシング会社は「貸しているお金を一気に回収」する事が可能なのです。

通常は期限の利益に守られているので、契約者本人にそのような事はできません。だからこそ、強制解除は怖いのです。一括での清算を求められると、当然ですが支払う義務が生じます。しかし、「払えないモノは払えない!」と言って放置してしまうと最終的には法的処罰を受ける事になる訳です。

社会的なペナルティを受ける!信用性の失墜と差押えを理解する

信用性の失墜、財産の差し押さえなど、法的処罰について確認していきます。信用情報機関に登録される金融事故者にどうするとなってしまうのか?実際に差押えが始まるとどういった流れで財産を徴収されるのかなどについてお話していきます。

どうしたら信用情報機関に事故者と登録されるのか把握しておく

キャッシングの滞納があまりにも酷い場合、キャッシング会社は加盟している信用情報機関に債務の返済状況を報告します。

<信用情報機関とは>
個人の債務履歴(返済の遅延や滞納の情報)や債務状況(他社からの借入状況、現在の借入金額などの情報)を管理している団体です。

銀行や消費者金融などキャッシングを扱う会社は、信用情報機関に加盟する事が義務付けられています。

基本的に信用情報機関に債務情報は全て報告されていますが、返済トラブルのような酷い場合は金融事故者として「異動」といった表記で記録され、5年~最長10年記録が保管されます。

キャッシング会社は新規の申し込みを受けた際に、必ず加盟している信用情報機関で個人の債務情報を確認するので、金融事故者だと直ぐに判明してしまいます。そうなれば審査には、必ず落ちてしまう訳です。

このような、いわゆるブラックリストには、下記のような4つの理由でなってしまうので注意しましょう。

  • 長期滞納
  • 度重なる遅延行為
  • 踏み倒し(夜逃げなど)
  • 債務整理

長期滞納とは3カ月ほどの滞納だと目安として覚えておくと良いと思います。これ以上滞納を続けると、キャッシング会社は強制解除や法的処罰へと行動を移行していきます。

度重なる遅延行為とは、毎月の返済日をしっかり守らない事です。返済に遅れる事は仕方がない事だと思いますが、毎回忘れて返済する、返済日にしっかり返済する事の方が少ないといった状態だと、キャッシング会社は返済の意思がないと判断し信用情報機関に金融事故者として報告します。

踏み倒しですが、これは当然の判断です。支払いから逃げたいという気持ちは分からなくもないですが、実際に行動してしまえば「債務不履行」以上に「詐欺」という疑いにまで発展してしまいます。故に踏み倒しは、即時信用情報機関へ事故者として報告がいく訳です。

最後の債務整理ですが、任意整理、個人再生、自己破産などを行うと、残念ですが「金融事故者」として報告されてしまいます。

ただ債務整理をしなければいけないほど苦しい状態なら、第三者に調整して貰う判断は決して間違っていないので、どうしてもの時は信用情報機関の記録よりも目の前の借金の清算について意識を向け努力されると良いと思います。

差押えの悲劇!財産が差し押さえられるまでの流れ

キャッシング会社からの報告で信用情報機関に「異動」と記録されるほど滞納が酷い場合、基本的はキャッシング会社から契約の強制解除を内容証明で警告されます。それを放置すると、残念ですが「財産の差し押さえ」といった法的処罰へと流れていく訳です。

<滞納から差し押さえまでの流れ>
◆1.滞納

◆2.督促状(滞納後、数日で自宅に届く)

◆3.催告期間(滞納から3か月ほど続く)

◆4.内容証明(最終警告)

◆5.裁判所から通達

◆6.支払督促による裁判の開始

◆7.判決(借入残高の一括返済)

◆8.差し押さえの申立て(一括返済できない場合)

◆9.裁判所による強制執行

支払いが1日でも遅れると、滞納開始となります。滞納した日から数日後に、督促状が届く事となります。督促状は言葉的にはきつめですが、基本的に「返済をお忘れではないですか?」というお知らせです。この段階で支払えば、全く問題にはなりません。

その後、放置したり、キャッシング会社に相談しないと3カ月ほどで最終的な警告として「返済しない場合には契約の強制解除や法的手段に訴えます」といった内容を通達されます。

そしてこれさえも無視すると、訴訟沙汰になり裁判を得て差し押えの強制執行へと流れていく訳です。差し押さえは社会的な制裁であり、財産と給与は切っても切れない関連性を持っているので、勤務先にバレる可能性が非常に高いです。

そうなると周囲にも噂などの風評的被害へと発展し、ストレスや精神的なプレッシャーで辛い生活を送る事になってしまいます。たった1回の返済遅れではこういった事にはなりませんが、気のゆるみ、返済の意思が薄れていく先には、こういった悲劇が待っている事を絶対に忘れてはいけない訳です。

財産の差し押さえですが、下記は一般的に「財産」と分類されるモノとなっています。

①.給与(国税徴収法76条に基づき、給与から差押禁止額を引いた額となります)
②.預貯金(口座預金)
③.自動車(ローンが終わっているもの)
④.不動産
⑤.家の家具など公売に掛けられるもの(商売道具も持って行かれます)
⑥.生命保険などを強制解約したお金

但し、財産の差し押さえは全てを根こそぎ奪うという事ではなく、最低限の現金や家具は残し苦しいですが生活が保てる範囲で徴収されるので、差し押さえ=人生が終わるといった訳ではありません。とは言え、財産の差し押さえにならないようキャッシングの返済には十分気を使うようにして下さい。

キャッシングの返済方法を把握してしっかり返済計画を立てる!

では、返済方法と返済計画についてお話していきたいと思います。基本的にキャッシング会社が用意している返済方法は4つあります。ATMでの返済や振込での返済など、都合にあわせて返済する事が可能です。

また滞納してしまう理由も、返済する上で知っておいた方が良いので同時にお話していきたいと思います。

滞納してしまう理由は4つ!返済方法を理解して回避する

まずは返済方法ですが、下記のように4つあります。

<返済方法>
1.ATMでの返済
2.振込での返済
3.振替での自動返済
4.店舗へ直接返済

カードローンを利用する場合、ATMでの返済が一番便利で使いやすい方法だと思います。コンビニにあるATMから簡単に返済が出来るので、「時間がない」「思いついたときに」など手軽に利用できるのも魅力です。

振込に関しては銀行の営業時間内という時間的な制約がありますが、ネットバンキングを利用する事によって自宅にいながらの返済が可能になるメリットがあります。コンビニに行く時間もない方は、振込での返済も活用してみて下さい。

「返済日に支払いを忘れたくない」という方には、自動で振り込みをしてくれる振替返済のサービスが良いと思います。事前にキャッシング会社に申請しておく必要がありますが、ひと手間加える事で滞納の危険を回避する可能性が格段に上がるのでお勧めの返済方法です。

店舗への直接返済は、周囲バレなどもあるので敬遠されがちですが、相談などを考えている方は店舗へ行くついでに返済する事も可能なので覚えておいて下さい。

返済トラブルによって、滞納してしまい悲惨な結果にならないように、主な滞納理由についても確認しておきましょう。

  • 返済日を忘れる
  • 返済日にお金がない
  • 返す意思が薄弱
  • 口座にお金がなくて引き落とせない

返済日や返済額を忘れてしまったり、あまり意識しないと返済日当日に慌てる事になります。そして1度滞納してしまうと返そうという意識が薄れ、「1回忘れも問題ないなら、2回目だって大丈夫なのでは・・・」といった返す意思が弱まってくるケースがあります。

キャッシングの怖いところは、高額な金額を自由に利用できる点であり、そのせいで借金だという事を忘れてしまう傾向にあります。返す意思をしっかり持ち、毎月の返済を行って下さい。

口座振替で返済をしている場合、「口座にお金がないので引き落とせない」といったケースもあるので、口座振替を選ぶ場合は返済用の口座のチェックを欠かさないように注意しましょう。

滞納を回避!2つのポイントをしっかり押さえておく

兎にも角にも、返済を怠らないという事がキャッシングサービスを利用する上で必須になってくる訳です。そこで重要になるのが、返済計画です。

返済計画で必要になるのが、キャッシング会社のホームページにある返済シミュレーションです。これを活用する事で、計画的な返済が可能となります。まずは以下の3つを押さえて下さい。

◆①返済日
◆②返済金額の把握
◆③完済するまでの期限

返済日については、毎月の事なので「忘れない」ようにする事が大切です。この返済日に、毎月返済額を必ず用意する必要があります。「今月ピンチで払えない」「急な出費があって返済のお金が足りない」といったケースはあるでしょうが、中には「使い過ぎてお金がない!」という事もあると思います。

そうならないように、常に返済額を意識して「確保」しておく事が重要になってくる訳です。「毎月返済をしっかり行っているのに、まだ2年返済を続けないといけないなんて・・・」といった、完済までが長いと感じてしまう事があります。

こういった方は、実際に毎月一定額を支払っているので安心しているようですが、返済している額をどれくらいの期間払い続けるのか迄に意識が回っていない場合があります。そんな時、返済シミュレーションを活用すれば、数秒で分かるので是非確認してみて下さい。

「終わり」が分かると、それだけで計画を立てやすくなります。また、毎月払っている金額よりも少し多めに支払う気持ちにもなってくるので完済日というものを必ず返済シミュレーションで確認しておきましょう。

未成年や社会人にも、キャッシングしたい時はあります...

閉じる
閉じる